無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

2013年11月20日 (水)

Anna Maria Jopek & Friends with Pat Metheny / Upojenie

Upojenie
Upojenie Pat Metheny

Nonesuch  2008-10-03
売り上げランキング : 5531


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(↑ Amazon が Pat Metheny 名義で売ってるけどちゃんと売ってほしい)

ポーランドの女性ボーカルの 2002 年作.来日もしてたみたいですね.

Pat Metheny との共作で,作曲とプロデュースも Metheny が手が けている作品とのこと.ライナーが全てポーランド語のようなので, 誰が何の楽器で参加しているのかちょっと分からないですが,Mino Cinelu も一曲参加しているようです.

一応女性ボーカルがメインって事なのか,Metheny らしさは多少 抑えながらという感じの曲が多いですが (それでも一聴して Metheny とわかりますけどね),Metheny の美しい幻想的なアコースティック ギターに透き通った水の流れのような女性ボーカルが重なる曲が,繊細な感じで美しいです.

何曲か Pat Metheny Group の曲も入っていて,ちょっとエスニッ クな味わいの女性ボーカルによる Are You Going With Me? はなかな か面白い仕上がりで,この曲に関しては Metheny 節全開という感じ です.

(2003年に書いたレビューに加筆)

2007年4月16日 (月)

Skalpel / Konfusion

Konfusion
Konfusion Skalpel

Ninja Tune  2005-11-01
売り上げランキング : 31458

おすすめ平均  star
star心地よい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポーランドの 2 人組によるユニット(?).ポーランドのジャズのレコードをサンプリングして作られた物だそうです.

Cinematic Orchestra と共通するような抑えた感じの雰囲気がありますね.音自体は,アコースティックなジャズから作られているので,ジャズなのですが,ミニマル的な反復により演奏されるので,ジャズとは違う独特な雰囲気があって,なかなか面白いですね.ジャズだけどジャズじゃない,ジャズじゃないけどジャズだ,って感じ.

2006年1月19日 (木)

SBB / New Century

2005年リリース.

最近の作風の流れで,あまりプログレ度は高くはありませんが,SBB らしいブルースの雰囲気たっぷりの音楽に仕上っています.

前半はエモーショナルで内省的な叙情的な感じの曲が続きます.ゆったりとじっくりと内面を歌い上げるような感じ.後半は以前の SBB の雰囲気のあるどちらかというと激しめのインプロビゼーション中心の音楽になります.

2005年11月24日 (木)

Turquoise / Po Drugiej Stronie

ポーランドのシンフォニックロックバンドの 2003 年の 2nd 作品.

ポーランドの女性ボーカル物で Quidam と並んで評価されることが多い模様ですが,Quidam は聞いたことがないです.CDラックをつらつらと眺めていて,はて,このバンドはどんなだったかさっぱり記憶がないなあと思い,取り出して聴いてます.^^;

女性ボーカル入りのシンフォという事で言うと,期待通りの音が出ているのではないでしょうかね.透明感のある女性ボーカルと叙情的で東欧的な影のある泣きのギターが印象的.と言っても男性ボーカルも入っちゃってますけど.でもやっぱり女性の方がいいなあ.

シンフォというには若干スケールの大きさが足りないような気もしますね.男性ボーカル部分だと,ハードロック的な要素が勝っていたりして.やはり女性ボーカルによる叙情的な味とドラマチックさがもう少し出てくると良いと思うんですがね.

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31