無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

2013年5月26日 (日)

Shining / One One One

One One One
One One OneShining

Prosthetic Records 2013-05-28
売り上げランキング : 20627


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Norway の Hardcore Metal Future Jazz Rock バンド (デス声入り) の 2013 年新譜 (笑)

2013年5月22日 (水)

Shining / Grindstone

Grindstone
Grindstone Shining

Rune Grammofon  2007-01-29
売り上げランキング : 107799


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーのバンドの 4th アルバム.

すごい迫力ですね.メタル+プログレ+アヴァンギャルド+フュー チャージャズ? まあ,なんか色々混ぜ合わせて,激しくしたという感 じの音楽ですごいです.ドラムが激しいですね.カテゴリーに指定し たのは適当で,ジャズでもプログレでもないですね.その要素は入っ てますが.

激しい音で気づきにくいですが,メロディは意外に(?) ポップで 優しい感じのような気がしますね.北欧のフューチャージャズ系らしいです.

言葉では伝えきれないので,聴いてみてください.以下に動画や 音源があります.

2013年1月13日 (日)

Nils Petter Morvær / Er

Er
Er Nils Petter Molvaer

Thirsty Ear  2006-11-21
売り上げランキング : 208882


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

澄みきった空間から語りかけるように聞こえてくる鋭い音という感じ.抑えたプレイから得られる独特の空間.

ともすると暗くなってしまいそうな語りかけるようなトランペットに有機的なパーカッションの音が重なって,独特 の浮遊感が得られており,そんなに暗い感じはしません.

Solid Ether しか聴いたことないですが,それに比べて全体的に抑えた演奏です.ちょっと土着的なパーカッションの音が印象的で,でも出来上がりの音はいかにも北欧という雰囲気ですね.

2013年1月12日 (土)

Jan Garbarek / In Praise of Dreams

In Praise of Dreams
In Praise of Dreams Jan Garbarek

Ecm Records  2004-09-21
売り上げランキング : 21306


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2004 年作.最初聴くとフューチャージャズ系かなと思いきや,その後ヴィオラとの美しい室内楽的な音楽になったり.

北欧独特の寂しい感じのヴィオラの演奏から,霧が晴れるようにガルバレクのサックスがすーっと出て来る対比が良い感じです.

2012年10月 8日 (月)

Circus Maximus / Nine

Nine
NineCircus Maximus

Frontiers Records 2012-06-05
売り上げランキング : 1744


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーのプログレメタルバンドの 2012 年 3rd アルバム.5 年ぶり

前作までは爽やかなボーカル (と言うと「メタルのどこが爽やかやねん」と怒られそうですが ^^;) にキャッチーでポップなメロディが特徴の甘い北欧メタルという感じでしたが (おおげさ),今作は作風が変わっているような気がします.全体的にタイトで縦ノリな感じで重厚感が増しており,落ち着いた暗い感じもします.ある意味メタルさが濃厚になっているような気がします.

とはいえ,曲の完成度,ハイレヴェルなボーカル,大きく見た時の曲の雰囲気はまさしく Circus Maximus という根底は変わってないような気がします.

2012年10月 4日 (木)

Jaga Jazzist / A Livingroom Hush

A Livingroom Hush (ZENCD76)
A Livingroom Hush (ZENCD76)Jaga Jazzist

NINJA TUNE 2002-12-02
売り上げランキング : 18781


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーのフューチャージャズグループのおそらく 2 枚目のア ルバム.

フューチャージャズと一言では言えないような多彩な音楽が混ぜ 合わさったような音楽です.基本的にはジャズとテクノ/ハウス系を ベースにした感じです.メンバーも非常に色々なジャンルから影響を 受けているようで,ロック,プログレ,フュージョンなんかの影響も感じられます.

ブレイクビーツなリズムの上でクールなヴィヴラフォンが演奏す る1曲目で幕を開け,その後無機的なリズムと非常に人間味のあるジャ ズ的な管楽器が絡み合うゆったりとした曲から,激しい曲まで様々な 色彩で聴かせてくれます.最初聴いたときは比較的無機質な音楽に感 じたのですが,何度も聴くうちに非常に血の通った暖かい音楽と感じ るようになりました.この暖かみがジャズやフュージョン方面から出てきているようで個人的にとても親しみが持てます.

日本盤ではライブがボーナストラックで 3 曲入っていますが,その曲がまた非常にすばらしいです.ライブはよりジャズ,フュージョン 的な要素を感じます.

(2002年に書いたレビュー)

2012年7月24日 (火)

Close Erase / Dance This

Dance This
Dance ThisClose Erase

Plastic Strip 2010-11-29
売り上げランキング : 60481


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2002年作.図太いリズムの上で70 年台ジャズロックをほうふつとさせるキーボードが縦横無尽に動き回る曲で始まるフューチャージャズロック作品と言え るノルウェーのバンドのアルバム.

曲は Part に分かれた曲 3 曲 (トラック数は 7) から成り,2 曲目は アヴァンギャルドな香りのする,ちょっと内省的な部分もあるキーボード 主体 (というかキーボードが遊んでいるっぽい) の曲で,あとはハードコアフューチャージャズロックという感じの激しい曲です.

(2002年に書いたレビューに加筆)

2012年2月24日 (金)

Bugge Wesseltoft / New Conception of Jazz Live

New Conception of Jazz Live
New Conception of Jazz LiveBugge Wesseltoft

Universal Import 2003-07-07
売り上げランキング : 465889


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Jazzland レーベルの総帥(?) Bugge Wesseltoft のライブ盤. ミニマル的リズムとジャズ的でエモーショナルなキーボードの演奏の組み合わせによる,まさにフューチャージャズと言えるサウンドです.

基本的にはハウス的リズム+ジャズ/フュージョンのサウンドという感じで,既存の音をうまく組み合わせて今までにない新鮮な音を作っているという感じでしょうか.一つ一つの要素自体は別に新しい感じはしなくて,むしろ懐かしいサウンドさえ感じます.

ミニマルミュージック的なハウスのリズムですが, よくよく聴いていると微妙に変化しており,それが機械的なリズムにも関わらず, 妙な躍動感を感じてしまいます.

ミニマル的要素がかなり強くなっており「最初に聞くならスタジオ盤」と言われて買うのをしばらく控えていたりしたのですが,個人 的にはこういう気の長さが要求される(^_^;)サウンドは非常に好みでした.変化がないような中の微妙に変化していくサウンドを感じて楽 しめる人であればオッケーかな?

(2003 年に書いたレビュー)

2010年4月20日 (火)

Crimetime Orchestra / Atomic Symphony

Atomic Symphony
Atomic SymphonyCrimetime Orchestra

Jazzaway 2009-06-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーのフリージャズ系なビッグバンドの 2009 年作.

CDのトラックは分かれていますが,おそらくは "Atomic Symphony" という 1 曲をいくつかのパートに分けて収めたという感じのアルバムで,曲名はありません.

クラシカルなオーケストラの演奏と言った趣きで始まり,ベタなビッグバンドジャズな感じが切れ込んで来てオロオロしているうちに,フリーな演奏が切り込んで来て一気に混沌へ.その後も混沌から整然へ,整然から混沌へ,ジャズからクラシックへ,クラシックからジャズへの変化をめまぐるしく行う,一見ぐちゃぐちゃながら,相当に計算しつくした音による混沌ミュージック.そのためか,全体として破壊されてバラバラになるという感じはなく,あくまで破壊されかかったところで再構築が入るという,その変化のたのしい北欧フリージャズでした.

2005 年の "Life Is a Beautiful Monster" とはまたちょっと違った音な気がします.

2009年4月 3日 (金)

Wobbler / Afterglow

Afterglow
Afterglow Wobbler

Termo  2009-04-06
売り上げランキング : 4961


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーのバンドの 2009 年作で 2nd の模様.

Anekdoten, Anglagard 的な北欧独特な雰囲気を漂わせていますが,これら 2 バンドほど暗い重厚感や攻撃的な所はなく,どちらかというとシンフォニックプログレの王道というか,プログレの王道を行くようなサウンドです.

とにかくプログレキーボードオタクが作りましたよ的な匂いがプンプンしていて (^_^;),メロトロンをはじめ,色々なビンテージキーボード満載で,イエス+ジェネシス+クリムゾン風のプログレ王道サウンドが各所に散りばめられたプログレファンニヤニヤしっぱなしのサウンドです.そこにフルートやチェロにより北欧独特の邪悪さが足され,重厚感のある仕上がりになっています.

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31