無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

2013年11月20日 (水)

Anna Maria Jopek & Friends with Pat Metheny / Upojenie

Upojenie
Upojenie Pat Metheny

Nonesuch  2008-10-03
売り上げランキング : 5531


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(↑ Amazon が Pat Metheny 名義で売ってるけどちゃんと売ってほしい)

ポーランドの女性ボーカルの 2002 年作.来日もしてたみたいですね.

Pat Metheny との共作で,作曲とプロデュースも Metheny が手が けている作品とのこと.ライナーが全てポーランド語のようなので, 誰が何の楽器で参加しているのかちょっと分からないですが,Mino Cinelu も一曲参加しているようです.

一応女性ボーカルがメインって事なのか,Metheny らしさは多少 抑えながらという感じの曲が多いですが (それでも一聴して Metheny とわかりますけどね),Metheny の美しい幻想的なアコースティック ギターに透き通った水の流れのような女性ボーカルが重なる曲が,繊細な感じで美しいです.

何曲か Pat Metheny Group の曲も入っていて,ちょっとエスニッ クな味わいの女性ボーカルによる Are You Going With Me? はなかな か面白い仕上がりで,この曲に関しては Metheny 節全開という感じ です.

(2003年に書いたレビューに加筆)

2013年5月25日 (土)

Tribute / New Views

New Views
New Views Tribute

Fuego  2012-11-23
売り上げランキング : 55288


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデンのシンフォニック系プログレバンドの 1st.

北欧らしい 涼しげなメロディと北欧フォーク色のある繊細で美しいメロディが特徴です.1,2 曲目はフュージョンファンに受けそうなさわやかで軽い フュージョンサウンドでおすすめ.その後の曲は幻想的な雰囲気も少し取り混ぜたアコースティックなフォーク色のあるシンフォニックプ ログレになります.

軽く明るい透明感のあるメロディが十分フュージョ ンファンに受けるでしょう.

(以前書いたレビューを少し修正)

2013年2月26日 (火)

Pekka Pohjola / Heavy Jazz Live in Helsinki and Tokyo

Heavy Jazz: Live in Helsi
Heavy Jazz: Live in Helsi Pekka Pohjola

Pohjola  2011-05-19
売り上げランキング : 326465


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1995 年リリースのライブ盤.シンフォニックフュージョンという言葉がピッタリな感じのする 繊細で美しい 2 枚組のライブ盤です.

ゆったりとした感じでじらすように徐々に盛り上がっていき,ギ ター等のソロに入っていく美しいシンフォ的な曲と,北欧独特の軽快でコミカルなムードのコミカルな感じのするメロディの曲があります.この人 の音楽はライブで聴くとよりフュージョン寄りに聴こえます.繊細で 美しいフュージョンと言った所でしょうか.

(以前書いたレビューに加筆)

2012年9月17日 (月)

Isildurs Bane / Sea Reflections + Moments of Eternity

Sea Reflections - Eight Moments Of Eternity
Sea Reflections - Eight Moments Of EternityIsildurs Bane

Ataraxia Music 1992-07-28
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデンのバンドで、3rd と 4th の 2in1でした.1985/1987年のカップリング.一応、 Progressive Rock Band と分類されていますが、このアルバムは完璧 に Fusion でした.音は T-Square のようなポップな所もある、 Fusion で、初期のメゾフォルテのような、北欧的な爽やかさがミッ クスされたような感じです.

少なくとも、私が聴いたかぎりでは、ProgRock の雰囲気は全くな かったです.メゾフォルテの昔の作品と言われても、信用してしまう かも? (^_^;;

(昔に書いたレビューに加筆)

2011年8月 9日 (火)

Benoit Moerlen / Rocking Roller

Gong, Pierre Moerlen's Gong, Gongzilla 等で有名なヴィブラフォン,マリンバ奏者の 2011 年の 1st アルバム.キャリアが長いのでソロアルバムが初めてというのは意外でした.

曲は比較的バリエーションに富んだ感じですが,全体的に落ち着いた気持ちよいフュージョンという感じです.ただ単に落ち着いているだけでなく,マリンバによる跳ねるような躍動感があったりして,かなり独特のおもしろい音楽ですよ.気楽に聴ける感じがよいです.

2010年12月26日 (日)

Tohpati Ethnomission / Save the Planet

Save the Planet
Save the PlanetTohpati Ethnomission

Moonjune Records 2010-08-17
売り上げランキング : 84382


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

インドネシアのギターリストのソロプロジェクトの 2010 年盤.Tohpati さんは Simak Dialog のギターリストでもあるようです.

出だし一瞬クリムゾン? と思わせる始まり方をしますが,その後はパーカッションが土台を支えるテクニカルなガムランフュージョンが繰り広げられます.

とにかくスリリングでテクニカルでガムラン的味わいたっぷりなエキゾチックなフュージョンサウンドが繰り広げられ,Fusion ファンにはかなり受け入れられるのではないでしょうか.

Simak Dialog はそれほどぐっと来るモノがなかった方でも,これはかなりグイグイ来ますから,一度聴いてみる事をおすすめします.

(参考)

2010年8月18日 (水)

Gozzozoo / Pictures of the New World

Pictures of a New World
Pictures of a New World Gozzozoo

Musea Records France  2001-01-01
売り上げランキング : 616649

おすすめ平均  star
starアトール(仏)のDrsソロ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フレンチプログレ Atoll のドラマー Alain Gozzo によるフュージョン.

1 曲目はいかにもドラマーのアルバムという感じの乾いた曲で, ギターがちょっと Holdsworth っぽいもので,アルバム全体こういう 感じのドラマーのプレイを楽しむ感じのドライなフュージョンかと思っ ていたら,2 曲目はいきなりさわやかなラテンフュージョンになって, ちょっと意外でした.キーボードは T Laviz 系の透明感のある音で す.その後の曲は軽快なテクニカルフュージョンという感じの曲が中 心です.

ドラムはドライな感じの軽快なプレイですが,ただ軽いだけでは なくて,ほどよい迫力もあります.全体的に,他の楽器も乾いた感じ のさらっと流れるようなプレイで,もう少し力強さがあってもいいか なと思いますが….

2010年8月15日 (日)

8月15日にNHF-FMであった「今日は一日フュージョン三昧」が非常に残念だった件

「今日は一日フュージョン三昧」御中

Fusionという今やマイナーな音楽を10時間以上にわたってかけようという番組,とてもすばらしい企画で一Fusionファンとしては非常に良かったと思います.かかった曲も全部非常に高品質な音楽で,twitterでファンと色々話をしながら聴けたことが非常に良かったと思います.

しかし,番組全体としては (渡辺香津美氏のゲスト出演の間を除いて) 非常に残念な番組という感想を持ってしまいました.自分のリクエストした曲がかからなかったから,とかいう問題ではありません.それは前の週にあった「プログレ三昧」でも同様でした.しかしながらプログレ三昧は非常に満足して聴くのを終えたのに対して,「フュージョン三昧」は非常に残念な気持ちで番組を聴き終えました.唯一,ゾクゾクするほどの満足感がえられたのは渡辺香津美氏が出ている間だけでした.

その理由を考えてみましたので書いてみたいと思います.残念になった理由はリスナーとの一体感の欠如,リスナーの熱い想いを放送に乗せられなかったことではないかと思います.リスナーとスタジオに一体感がなくて,深い溝があった気がします.プログレ三昧はリスナーの熱いプログレに対する情熱を放送に反映させてくれた気がします.今日のはあらかじめ決まった構成に乗っかったリクエストを紹介しただけで基本的に熊谷さんの"これは聴くべき"を次々かけただけな気がします.

リクエストした曲がかからなかったという理由だけではそんな残念な気持ちにはなりません.いくら外した感があっても,ファンの熱い想いを放送で伝えているという感じが伝わってくれば,ファンは納得すると思います.プログレの時も曲は外しまくってたけど,みんなその外し方も含めてプログレだー,と盛り上がった気がします.なんでこの曲をかけないかなー,と言いながら,みんな非常に嬉しそうだたのが twitter の tweet からは伝わった気がしました.

後半,香津美氏のライブが終わった後に熊谷氏が出てきて,曲をかけるときの熊谷氏のコメントではっきりわかってしらけてしまったのですが,熊谷さんが「これは絶対にかけるべき」「これを選びました」と言っているんですよね.なんで「Fusion三昧」ではなく「熊谷三昧」だったわけです.

みんな熱い想いを持ってリクエストしたはずです.でも放送から聴こえてきたのは熊谷さんのFusionに対する熱い想いでした.今日かかった非Fusionと思う曲,どれも素晴らしいです.Fusionファンならきっと気に入るモノばかりだったでしょうし,きっと好きな人も多かったと思います.でもFusion三昧という番組に対してみんなが持った熱い想いが伝わってこないまま,Fusion周辺ばかり「これはぜひ聴いてほしい」とかかっても非常に残念な気持ちになるだけではないでしょうか.

とはいえ,Fusionばかり10時間以上かけよう,という番組があったこと自体は素晴らしいことです.次をぜひやってほしいですし,次はぜひリスナーとの一体感がえられるような番組にしてほしいと思います.

お疲れさまでした&ありがとうございました.

2010年7月28日 (水)

Fred & Co / Fred & Co

Fred & Co
Fred & CoFred & Co

Musea Records France 2001-01-01
売り上げランキング : 765063


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フランスのウェザー系フュージョンバンドといえば,Sixun なん かがメジャーですが,その Sixun の対抗馬と言われて買ったもので す.Frederic Schneider というジャコが好きなんだなあ,というの が分かるベーシストのソロプロジェクトという感じのアルバムで,とにかく多数のミュージシャンが参加しています.1 曲 1曲の長さがコ ンパクトで,なんと 22 曲も収録されています.全体的には統一感のある雰囲気ながら,最後まで全く飽きずに聞き通す事が出来るのがすごいですね.

ウェザー系の音楽なのですが,それだけに留まらない現代的な解 釈とフランス的ヒネリが利いたなかなか面白いアルバムですね.曲は コンパクトな感じがして,ウェザーなんかよりはスケールは小さい感 じです.色々な楽器も入っていて,曲もバラエティに富んでいておすすめです.

(1999 年に書いたレビュー)

2009年3月30日 (月)

Lu7 / L'esprit de l'exil

L'esprit de l'exil
L'esprit de l'exil Lu7

Vivid Sound  2005-04-12
売り上げランキング : 485867


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本のギターとキーボードの 2 名のユニットによる 2nd アルバム.

一聴すると,エスニック風味のフュージョンというか,ワールドミュージックというか,まあそういった感じの印象を受けます.一曲毎に違う地域のエスニック風味を加えた感じ.曲は繊細で色々な風景の思い浮かぶような優しい明るい感じが中心.

なんですが,何度も聴いていると,それだけではない感じがじわじわ感じられてきますね.意外にもギターが弾きまくっていたりしますね.時にはホールズワースのように流れるように弾きまくっています.ただ,それがいかにも弾きまくってます,という感じを受けずに,それによって繊細な味を出している所がすごいな,と感じます.たぶん,キーボードの優しい美しい感じとうまく溶け合っていてそういう感じになっているのでしょうね.

何度も聴いて,そのじわじわ湧き上がってくる色々な繊細さが感じられて楽しいアルバムですね.ゲストミュージシャンもなにげに豪華です.

  • 公式ページ
  • mixi にもコミュニティがある模様 (私はまだ見てません)

より以前の記事一覧

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31