無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月27日 (火)

Algarnas Tradgard / Delayed

Delayed
DelayedAlgarnas Tradgard

Silence Recordings 2006-11-07
売り上げランキング : 455659


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1973-74 年にかけて録音されていた未発表の 2nd アルバムとの事です. これが今まで未発表だったのはもったいない!!と思わせる傑作です.(2001年発売)

全体的に暗く重苦しい雰囲気が漂っており,妖しげな雰囲気を漂わせた エキゾチックな曲から,牧歌的な雰囲気の美しい曲までが含まれた混沌 とした感じで,サイケな雰囲気も少しあるが洗練された感じでサイケなの が苦手な私もすんなり聴けてしまいました.

(2002年に書いたレビューに加筆)

2011年9月21日 (水)

Ronan Hardiman / Solas

Solas
SolasRonan Hardiman

Philips 2000-01-01
売り上げランキング : 109431


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

美しい透明感と少しエンヤを感じさせるボーカルが特徴の Ronan Hardiman の作品.聴いているとホッとしそうな感じ.

リズムが打ち込みなのと,ピアノが淡々とした感じなので,少々ニューエイジやイージーリスニング的にも聴えてしまいます.そのためか,ケルト色が十分感じられるとは断言できないのですが,そのスケール感と美しさは すばらしいです.Lord of the Danceの音楽に感じられ るような派手さ,カラフルさはありません.

2011年9月20日 (火)

Opeth / Heritage

Heritage
HeritageOpeth

Roadrunner Records 2011-09-20
売り上げランキング : 235


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデンのメタルバンドの 10th.

デスメタルと紹介されていた気がするし,前作までは全編デス声ではないけど,デス声と非デス声の対比がそれはそれで面白かった気がしますが,今作は全面デス声なしで,デスメタルとは言えない作品になっています.というか「メタル」とも言えるかどうか微妙な所ですね.私はメタルは詳しくないし,Opeth に関してメタル的な要素を特に気に入って聴いていたわけではいので,これは大きな問題ではないですが.

前作 "Watershed" は,強弱の付け方が特に顕著で,全力投球の後に急停止するようなメリハリと,展開の急な変化が魅力的でかなり聴き込んでますが,今作はそこまで強弱はなくて,ある程度の緩急を付けた余裕のある展開という感じです.音楽スタイルは違うのですが,超絶技巧ハイテンションプログレから徐々に力の抜けた余裕のある程よい技巧の音楽に変化したイタリアの Deus Ex Machina 的な進化と同様の変化を感じました.

とは言っても,緩急を付けた展開,前のめりなリズムなど,Opeth の正常進化だな,と思わせる好作品と言えると思います.この作品に限って言えば,完全にプログレバンドとも言えるのではないでしょうか.

2011年9月 4日 (日)

Ronan Hardiman / Michael Flatley's Lord Of The Dance

Michael Flatley's Lord Of The Dance
Michael Flatley's Lord Of The DanceRonan Hardiman

Philips 1997-03-04
売り上げランキング : 54911


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Riverdance のダンサーである Michael Flatley のショーである Lord of the Dance の音楽.音楽担当は Ronan Hardiman と言う人です.映画やテレビ関係の音楽を 担当していた人のようです.

音楽の傾向としては Riverdance と同様な感じですが, Riverdance よりはもう少しロック/ポップス寄りのよう な感じもします.これは,Riverdance よりリズムが強調された感じ (というかポピュラーミュージック的なリズムである) であるからかも知れません.使われる楽器も,伝統的な楽器よりは, 普通に使われている楽器が中心です.しかし,アイルランド的な雰囲気は全く壊れていません.メロディも親しみやすいもので,アップテンポな部分でのヴァイオリンの伸びやかな音色がたまりません.その アップテンポな部分の独特の明るさはクライズラー・アンド・カンパ ニーなんか好きな人に受けるのではないでしょうか.アルバム全編を 通じて,一つのテーマのようなものが感じられるすばらしい作品です. ジャケットのデザインからは想像できないようなすばらしい作品です. だまされてはいけません.(^_^;)

16, 17 曲目では,Michael Flatley のタップの音も聴けます.所々で挿入される女性ボーカルも Riverdance 同様美しいです.

(昔書いたレビューを修正)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31