無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月22日 (火)

Media Banda / Dinero Y Terminación Nerviosa

元 Fulano メンバーを中心としたバンドの 2nd アルバム.2008 年作.

ジャズを中心に色々な要素を詰め込んだという感じの音.Fulano よりはジャズ寄りのような気がしますが,曲によって,曲の途中でも自在に変化していく様は圧巻.テクニカルという言葉では語れない柔軟さで,自然にさらっと演奏しているようですごい事やってるような気がします.

Fulano 時代からそうでしたが,女性ボーカルの上手さも半端じゃなくて,自在に変化する曲に全く乗り遅れることなく,別の歌手のように色々なジャンルの曲をこなすという感じです.

ジャズだったり,ジャズロックだったり,ザッパだったり,レコメンだったりが自然につながるようにめまぐるしく変化して流れていくという感じで,本当にすごいバンドです.

2008年4月 9日 (水)

Deus Ex Machina / Equilibrismo Da Insofferenza

ハイテクプログレメタルバンドと思っていたが,このアルバムで変身を遂げました.今までの畳み掛けるようなリズムとハードロック のようなボーカルはそのままで,ホーンセクションを大胆に導入し, アヴァンギャルドな感じのするジャズロック + ハードロックという感じになりました.

曲全体が以前は前へ前へとつんのめるような所がありましたが,このアルバムでは,そのような曲も残しつつ,どっしりと構えた曲も 増えています.

途中,ベースとアコースティックギターのデュオによるアコースティック版 Deus Ex Machina と言えるような曲もあったりします. 全体的にギターを前面に出し,曲によってはホーンセクションも前面 に出ていて,以前までのヴァイオリンが前面に出ているような所はな くなり,どちらかというとヴァイオリンはアンサンブルの一つを担っ ているという役割になっています.

以前の曲にもあった,目まぐるしく変化していく所はそのままで,その変化がハードロックからハイテク・ジャズロックへの変化や,そ れだけでなくリズムや曲調もどんどん変化して行って飽きさせません. ボーカルが苦手でないジャズロック / フュージョンファンには一度聴いてほしい作品です.

1998 年 9 月に書いたレビューです.

2008年4月 7日 (月)

Circus Maximus / Isolate

Isolate
Isolate Circus Maximus

Sensory  2007-09-04
売り上げランキング : 3196

おすすめ平均  star
star衝撃の扉が開く。
starより進化したセカンドアルバム!
star質の高いProgMetal

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーのプログレメタルバンド Circus Maximus の 2nd アルバム.

結構高い評価を色々な所で見かけるので,興味を持って聴いてみました.このアルバムは結構良いですね.高度なテクニックと上手いボーカルで,さすがにプログレメタルという感じですが,テクニカルな面を押し出しているためにプログレメタルという雰囲気が出ているというよりは,あくまでメロディでその雰囲気を出していますね.

メタルとしては (私が思うに(メタルあまり聴かないので外した感想である可能性大 ^_^;)) 結構メロディアスで正当派という感じで,オーソドックス路線まっすぐでありながら,プログレメタル感が出ているって所がかなり気に入りました.

1st もかなり上質なメタルと感じましたが,ボーカルの声が爽やか過ぎて「プログレメタル」という感じはあまりしませんでした (ちょっとハードでポップなロックという感想) が,この 2nd は別にボーカルの声もそのまま 1st と変わりませんが,本当に曲がプログレファンも満足という作りで,本当にうまく出来ており,さすがに色々な所で評価の高いバンドだなと感じました.

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31