無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月21日 (金)

Deus Ex Machina / Cinque

Cinque
Cinque Deus Ex Machina

Cuneiform  2002-05-07
売り上げランキング : 173286

おすすめ平均  star
starテクニカルなユーモアセンス
starこれだよ!! 待っていました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イタリアのバンドの 6th で 2002 年作.

前作 (と言っても間隔が開いていて 1998 年作) でジャズロック系な音に変身していた Deus Ex Machina ですが,今作ではシンプルなハードロックに変貌しています.とは言え,このバンド独特のトリッキーな所と畳み掛けるような展開は時おり顔 を出します.ボーカルの魅力をストレートに出しているという感じでしょうか.

一聴しただけでは,以前のどんどん攻め込んで来る所とか,とにかく音を詰め込んだような迫力のある音が後退してしまって,ちょっと魅力に欠けるような気がしたのですが,何度も聴き込んで行くうちに違った魅力が発見出来て,どんどん楽しめるようになって来る作品でした.

(2002年に書いたレビューに加筆)

2008年3月19日 (水)

Minimum Vital / Atlas

Atlas
Atlas Minimum Vital

Musea  2004-01-01
売り上げランキング : 570866

おすすめ平均  star
star個性のレヴェル・アップ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作の流れを組むポップなサウンド.前作より情熱的な雰囲気は後退してストレートな明るさが前面に出ているかな.バロック風の雰囲気を漂わせた,明るいポップなロックという感じです.

あと,前作は女性ボーカルの方が男性ボーカルより前面に出ていた感じでしたが,今回は男性ボーカルの方が前面に出ているか,同じ露出度か,という感じですね.

(2004年6月のレビューに加筆)

2008年3月18日 (火)

Deus Ex Machina / Diacronie Metronomiche

イタリアを代表する 90 年代プログレバンド.

この作品はライブ 盤.とにかく圧倒される迫力で押しまくります.スタジオ盤での演奏 も完璧で迫力満点だったのですが,ライブの演奏はその迫力を越える ものです。畳み掛けるようなリズム,押し寄せるメロディ,それもか なり高度な曲を完璧なテクニックで演奏し,さらに余裕すら感じられ ます.

音的にはプログレ寄りのハードロック/ヘヴィメタルと言って も問題ないような感じです.ボーカルの声質などはそれっぽいですね. ま,とにかくブッ飛んでいる,という言葉が一番当てはまります.:-)

2008年3月12日 (水)

The Earth Explorer / First Voyage

POSEIDON のデモ盤,ライブ盤専門レーベルからリリースされた The Earth Explorer のライブ盤で 4 曲入り.

フルート入りのプログレッシブロックで,日本的叙情さと少しオリエンタルな雰囲気,それにジャズロック的なスリリングさが同居したシンフォニックフュージョンとも言うべきサウンドです.

バンドのコメントで

ライブ一発録りなので正直100%満足のいく演奏内容ではない

とあり,確かに粗さもあるアルバムなのですが,とにかく曲がすばらしく,ライブならではの勢いもありますし,粗さもあまり気にはなりません.

欲を言えば,もう少し流れるような演奏だったら,曲の良さが出るような気がするなあと思う部分はありますが,これは個人的趣味から来るモノなので,人によって感じる所は違うでしょう.

初期の Kenso 辺り,イタリア方面の美しく明るいシンフォニックロック,メロディ重視のフュージョン方面が好きな方におすすめではないでしょうか.

オフィシャルブログ等で試聴も可能ですので,ぜひどうぞ.

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31