無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月22日 (月)

Bubu / Anabelas

1978年の唯一の作品.

この時代の中南米ではどちらかというと異色な感じのするサウンドです.フリージャズ,クラシック,アヴァンギャルド風の要素が渾然一体となって迫ってきます.管楽器の分厚いサウンドが印象的.最近はチリ方面からクリムゾン系のヘヴィなサウンドのバンドが結構出てきてますが,それと共通する点もありながら,一線を画するオリジナリティがあります.

出だしはクリムゾン+Sun Ra 的な雰囲気で,この手の雰囲気のまま行くのかと思ったら,シンフォニック的なサウンドが顔を覗かせたりもします.

ヘヴィな分厚いサウンドを一分の隙もなく演奏していくという感じで,演奏力,曲,アレンジ等,すべてに渡って中南米トップクラスのアルバム.今聴いても全く古さを感じません.

2007年10月19日 (金)

Dimension X / Implications of a Genetic Defense

アメリカのプログレメタルバンドの 2007 年作.

とは言え,メタルという印象はあまり強くありません.武骨で硬派な感じがするからでしょうか.流れるような演奏ではなく,どちらかというとタテノリの演奏ですね.唐突に曲が終わったかと思うと,急に曲調が変わって演奏がスタートする辺りの展開方法が良いですね.シンフォ的というか壮大に曲が展開していく感じ,コンセプトアルバム的なスケールの大きさもあったりと,武骨でテクニカルなプログレメタルという表面の奥に色々な要素を含む感じ.

出だしのボーカルはデスかな,とちょっと思いましたが,どちらかというとよく通るテノールのようなエエ声のボーカルですね.

最近結構気に入ってかなりの回数聴いてます.

2007年10月 5日 (金)

Side Steps / Alive II

2005年末以来2年弱ぶりの最新作はライブ盤.

ここ数年のライブの良いテイクのものと,再発リクエストの多い初期アルバム収録の曲が入っているのがウリとのことです.

確かにちょっと懐かしいフュージョン全盛の時代という感じの曲が爽やかで印象的です.それにプログレ的な代表曲 "Another Encounter",ジャズロック的な代表曲 "Jazz It" ,プリズムを彷彿とさせる静かに盛り上がっていく "The End of Tears" という Side Steps を代表する名曲を盛り込んだファン必需のアルバムです.:-) 昔懐かしいフュージョンというだけだと,数回聴いただけで聴かなくなりそうですが,それだけで終わらないのはさすがです.

ここ数年ライブには行ってないので,外しているかも知れませんが,以前よりは (Side Steps にしては) シンプルで,若干タイトな雰囲気がするような気がします (録音の加減からそう聴こえるだけかも?).

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31