無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

高中正義 / Finger Dancin'

FINGER DANCIN’(紙ジャケット仕様)
FINGER DANCIN’(紙ジャケット仕様) 高中正義 中村哲

ユニバーサルJ  2006-03-01
売り上げランキング : 11670

おすすめ平均  star
star涙がちょちょ切れます!!
starジャケット
starブーム真っ只中の名盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1980 年に 12 インチシングル (当時はそんな言い方なかったかも) の限定盤として発売されたもの.曲自体はベスト盤なんかに収録されていたみたいですが,紙ジャケで帯まで当時のものを再現した形で再発されています.

限定の企画盤みたいな感じながら,収録されている 4 曲は高中を代表する名曲揃いで,高中の代表作と言っても良いのではないでしょうか.

1 曲目の "Space Wagon" は,まさしく高中のアルバム 1 曲目に相応しい,美しくてポップでキ軽快な曲で,高中のギターが自在に動き回ります.2 曲目のバラードはじっと聞き入って,その美しさに落ち着いた気持ちになる幻想的な所のある曲,その曲がすーっと終わって,タイトル曲の "Finger Dancin'" が軽快に始まるところは涙がちょちょぎ出そうです.この曲も本当に高中の魅力が詰まったような代表曲ですね.4 曲目はちょっとブルージーな泣きのギターで,聴いているとじわじわと良さがしみわたるような名曲です.

まあ,どの曲も高中の魅力満載と言った曲が揃っている隠れた名盤です.やっぱり Kitty 時代の高中は良いなー.お手軽価格ですし,一家に一枚どうぞ.

2006年11月21日 (火)

Pierre Moerlen's Gong / Downwind

ダウンウインド(紙ジャケット仕様)
ダウンウインド(紙ジャケット仕様) ピエール・ムーランズ・ゴング

BMG JAPAN  2006-10-25
売り上げランキング : 41210

おすすめ平均  star
star時を超えてよみがえるモエルランの魂

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

多彩なゲスト (Mike Oldfield, Mick Taylor, Steve Winwood, Didier Lockwood, Didier Malherbe) を迎えて Arista からリリースされた Pierre Moerlen's Gong 名義での第一作目 (1979年).Arista からのリリースということもあるのか,それまでの Gong らしい曲と,ポップなボーカルナンバーを含む作品です.曲によりゲストの色を出しているからか,曲によって雰囲気が結構違う部分もあり,ゲストによりどう曲が変わるのか,ということも含めて楽しめるアルバムかも知れません.

演奏自体は時代を感じさせる部分もあるものの,ジャズロック調の Gong らしい曲については,オリジナリティに溢れ,スリリングで十分楽しめるものです.

Pierre Moerlen's Gong らしい,ヴァイヴによるリフが印象的で,Lockwood のヴァイオリンをフィーチャーした 2 曲目や,Mike Oldfield らしさのある (本人参加) 3 曲目等のジャズロック系の曲は秀逸です.

(書きかけ)

2006年11月16日 (木)

Pierre Moerlen's Gong

紙ジャケで再発されているものを注文. :-)

2006年11月 9日 (木)

Michel Sajrawy / Yathrib

イスラエルのギターリストのソロアルバム.

ギターとヴァイオリンとパーカッション中心の端正なジャズロック/フュージョンに,中近東風味を加えた感じで,比較的オーソドックスな作品です.

なんですが,曲調や演奏など,不思議と掴みどころがなく,全貌を掴みづらく,不思議な雰囲気ですね.今後何度も聴いていると,新しい発見があるかも? と予感させてくれます.結構曲の中で色々と展開はしていくのですが,目まぐるしく変わるというものではありません.

2006年11月 3日 (金)

Flotante / En La Agitacion

2006 年の 2nd アルバムとのこと.

チリのテクニカル系ということで,押せ押せで迫り来る前のめり 系テクニカルを想像していましたが,出だしはクリーンなトーンのギ ターが浮遊感のある演奏をし,ドラムが自在にリズムをコントロール するジャズロックでした.ドラムは本当にめりはりの利いた,タイト な演奏でうまいです.

浮遊感のあるギターが魅力的で,コードを弾くホールズワースを ちょっと思い出したりしました.前半はこのクリーンなトーンギター とドラマーが自在に曲とリズムを操るという感じの変態ジャズロック です.

ツインギターで,もう一人は歪んだ音を出すクリムゾンっぽい感 じで,後半はこのギターリストが前面に出る,ノリの良い疾走系ジャ ズロック中心となりますが,こっちもクリーンなトーンのギターとの 対比がおもしろい味を出しています.

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31