無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月21日 (金)

Crimetime Orchestra / Life is a Beautiful Monster.

Life Is a Beautiful Monster Life Is a Beautiful Monster
Crimetime Orchestra

Jazzaway 
売り上げランキング : 60,595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェーの 10 名編成のバンド.参加しているベーシスト  Bjørnar Andresen の最後の参加作品とのことです.

メンバーも豪華みたいで,アルバムがリリースされているレーベル Jazzaway のオーナー Jon Klette,Jazzland でお馴染み Bugge Wesseltoft,や元 Jaga Jazzist のメンバーなど,その他もノルウェージャズ界のそれなりに名の通ったメンバーから成るようです.

音はフリージャズ+フューチャージャズ風味という感じですが,ぐちゃぐちゃやっているようでいてしっかりグルーブしている部分もあり,リズム隊が激しく煽って前進していくという感じでしょうか.

2005年10月19日 (水)

Osiris Osiris
Zao

Musea  2001-01-01
売り上げランキング : 164,036

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作のような前面に出た女性スキャットはなくなり,あくまでアンサンブル重視の中でのスキャットが入っている 2nd.

まだ 1st の雰囲気が少し感じられますが,より軽快なジャズロックを目指した音となっており,後の Zao の雰囲気がある程度完成した作品になっています.

結構 Weather Report っぽいジャジーな雰囲気もあり,Jazz Fusion ファンにも受け入れられるような音ではないでしょうか.

2005年10月18日 (火)

Zao / 7L = Z

Z=7L Z=7L
Zao

Unknown Label 
売り上げランキング : 147,817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Magma 的なちとヒステリック (?) な女性ボーカル (スキャット) が入り,まだ後の Zao 的な味わいよりは Magma 的な印象が強い.サックスの音が Zao らしさをだしています.

2005年10月17日 (月)

After Crying / Elso Evtized

Elso Evtized Elso Evtized
After Crying

Import [Generic]  2001-08-21
売り上げランキング : 154,826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

未発表音源や新録音を加えたベスト盤+ライブ盤の 2cd です.これまでの作品の集大成という感じでしょうか.

ライブとは思えない緻密で大胆な音に驚愕.

"21st Century Schizoid Man" のコピーも収録.完璧.

2005年10月14日 (金)

After Crying / De Profundis

賛美歌的な曲でオープニングを迎える After Crying の 4th.前作の路線を継承しつつも,さらに壮大なシンフォニック作品となっています.オーケストラ (というか小さな楽団?) を迎え,まさにシンフォニックロックという感じになっています.ロックとオーケストラの融合とかではなく,現代におけるロックシンフォニーの形を示したも のと言えるでしょう.

寸分の隙もなく緻密かつ大胆に展開する曲の数々にはただもう圧倒されるばかりです.

2005年10月13日 (木)

Dixie Dregs / Full Circle

Full Circle
Full Circle The Dixie Dregs

Capricorn  1994-06-07
売り上げランキング : 128,327

おすすめ平均  star
star1994年度個人的 ハイブリッドハイパーフュージョン第1位!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヴァイオリンに Jerry Goodman 参加の 1994 年の作品.

期待通りの Dixie Dregs の音.音の流れから行くと,Steve Morse Band の "The Introduction" や "Stand Up" 辺りの音に近いですね.すかっとヌケの良いアメリカンなサウンド.カントリー色のあるジャズロックという感じで,軽快で青空のアメリカの大地の風景が思い 浮かびそう (行ったことないけど :-p).

2005年10月 7日 (金)

After Crying / Föld És Ég

様々なプログレバンドからの影響を感じさせながらも,その独特な雰囲気で強烈な個性を放っているハンガリーのバンドの 3rd.

出だしは EL&P っぽいクラシカルな曲です.続いてグレゴリオ聖歌っぽ小曲をはさんで,ふたたびはねるような激しいピアノによる出だしでぐいぐい引っ張っていったあと,オルガンも入ります.ジャズっぽいソロを挟みながらどんどん走っていきます.

その後小鳥のさえずりを聴きながら静かなアコースティックギターの演奏でホッとひと休みという感じ.休んだあとはふたたび賛美歌風で気を引き締めま す.ピアノソロによるクラシッカル+ジャジーな演奏の後,気持ちの良い美しいトランペットによる曲.天気の良い日に早起きしたような爽快さがあります.

その後 静かなシンセの上でトランペットが鳴るマイルスの Bitches Brew 辺りの雰囲気の後急にスリリングでこれぞシンフォプログレと言った曲調に移ります.若干トリッキーな感じの曲の中でおおらかに歌いあげるトランペットが個性を感じさせます.

続いて幻想的なシンセの上で静かにパーカッションが鳴り,朗読のようにボーカルが入る内省的な雰囲気の曲.抑えたパーカッションのプレイがちょっと不気味.

最後は叙情的なフルートで始まり美しく悲しげなピアノが徐々に盛り上げて行きます.ボーカルやチェロ,トランペットも順番に加わりゆったりとしたスピードで盛り上がっていきます.

というわけで,ピアノとトランペットと聖歌風の曲が非常に印象的な非常に繊細かつ大胆なシンフォニックロックの名作と言えるでしょう.

2005年10月 5日 (水)

Nemo / Prelude a la Ruine

フランスのバンド.おそらく 4th アルバム.

クラシカルなハードロック色とメタル色とプログレハード色とシンフォプログレ色が合わさったような感じで,ちょっと年代物の音楽を聴いているようでいながら現代の感性で演奏されるロックであるような不思議な雰囲気を持ちます.さらに様々な要素がミックスされているような.

クラシカルなシンフォといった部分が良い感じです.

2005年10月 4日 (火)

FSB / In Concert

1985年のライブ.2 トラックで録音されたという話.

ポップで小柄な曲が中心ですが,ちょっとチープなシンセの音がなんとも言えない良い味を出しています.インスト部分も素晴らしく 2 曲目のヴァイオリンソロなんてゾクゾク来ますね.シンフォというにはちょっとスケールがこじんまりしていますが,非常によくまとまっていてテクニック的に も申し分なしです.

ポップで美しいボーカルも開放的で明るく気持ちが良いです.

2005年10月 3日 (月)

The Underground Railroad / The Origin Of Consciosness

アメリカのシンフォバンドの 2nd アルバム.

インスト中心でテクニカルで前のめりのシンフォ作品.畳み掛けるようにどんどん攻め込んできます.テクニカルさだけでなく,美しさも兼ね備えており,スケールも大きくクールな雰囲気のシンフォです.かなりかちっとした硬い感じ.

ギターはホールズワースっぽい所もありますね.それに美しくテクニカルなキーボードが絡んできます.ジャズロック的なノリもあります.複雑な曲をさらっと演奏している感じですね.

カナダの Spaced Out の 1st 辺りにもちょっと雰囲気似てるかな.

うーん,これはいいなぁ.

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31