無料ブログはココログ

最近聴いた曲

Google

Amazon画像更新ブログパーツ

  • Amazon画像更新ブログパーツ

Facebook Page

  • Facebook Page

アフィリエイト

  • Google AdSense
  • Amazon

« Nemo / Prelude a la Ruine | トップページ | Dixie Dregs / Full Circle »

2005年10月 7日 (金)

After Crying / Föld És Ég

様々なプログレバンドからの影響を感じさせながらも,その独特な雰囲気で強烈な個性を放っているハンガリーのバンドの 3rd.

出だしは EL&P っぽいクラシカルな曲です.続いてグレゴリオ聖歌っぽ小曲をはさんで,ふたたびはねるような激しいピアノによる出だしでぐいぐい引っ張っていったあと,オルガンも入ります.ジャズっぽいソロを挟みながらどんどん走っていきます.

その後小鳥のさえずりを聴きながら静かなアコースティックギターの演奏でホッとひと休みという感じ.休んだあとはふたたび賛美歌風で気を引き締めま す.ピアノソロによるクラシッカル+ジャジーな演奏の後,気持ちの良い美しいトランペットによる曲.天気の良い日に早起きしたような爽快さがあります.

その後 静かなシンセの上でトランペットが鳴るマイルスの Bitches Brew 辺りの雰囲気の後急にスリリングでこれぞシンフォプログレと言った曲調に移ります.若干トリッキーな感じの曲の中でおおらかに歌いあげるトランペットが個性を感じさせます.

続いて幻想的なシンセの上で静かにパーカッションが鳴り,朗読のようにボーカルが入る内省的な雰囲気の曲.抑えたパーカッションのプレイがちょっと不気味.

最後は叙情的なフルートで始まり美しく悲しげなピアノが徐々に盛り上げて行きます.ボーカルやチェロ,トランペットも順番に加わりゆったりとしたスピードで盛り上がっていきます.

というわけで,ピアノとトランペットと聖歌風の曲が非常に印象的な非常に繊細かつ大胆なシンフォニックロックの名作と言えるでしょう.

« Nemo / Prelude a la Ruine | トップページ | Dixie Dregs / Full Circle »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25671/1189219

この記事へのトラックバック一覧です: After Crying / Föld És Ég:

« Nemo / Prelude a la Ruine | トップページ | Dixie Dregs / Full Circle »

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31